見る・学ぶ 動く・遊ぶ 宿泊

category > 企画展

【歌麿館 企画展】歌川国貞 美人東海道展 ~後編~

みなさんこんにちは!

早速ですが、2020年4月11日(土)から始まります

歌麿館の企画展のご案内です!

* * * * * * * * * * * * * *

役者絵と美人画の国貞が描いた「東海道五十三次」

歌川国貞  美人東海道展 ~後編~

【会期】2020年4月11日(土)~ 7月5日(日)

【展示会場】歌麿館 企画展示室

* * * * * * * * * * * * * *

* * * * * * * * * * * * * *

歌川国貞は「役者絵」と「美人画」を得意とし、

江戸時代に活躍した人気浮世絵師です。

生涯数万点もの作品を手がけたという国貞は、

得意とした人物と東海道を描いたシリーズ作品を数点出版しています。

その中に、国貞が得意とした美人画と背景に広重の保永堂版

「東海道五十三次」を写したとされる作品、通称「美人東海道」があります。

本展では、当館では初めての公開となります、

歌川国貞「東海道五十三次之内」より後編の28点を展示いたします。

国貞の描いた江戸の世界観をお楽しみください。

* * * * * * * * * * * * * *

風の博物館・歌麿館

0893-34-2181

第19回「版画絵はがきコンテスト」作品展のお知らせ

みなさんこんにちは。スタッフのまろです(^^)/

今年は暖冬の影響でしょうか、

菜の花が満開でとてもきれいに咲いていました。

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

新型コロナウイルスの影響で、今年は表彰式が中止となり

作者の皆様にお会いできる機会がなくなり

寂しく思いますが皆さんの健康と安全が第一ですね。

さて、今年もこの時季がやってまいりました(^^)/

全国各地からたくさん寄せられました、

第19回「版画絵はがきコンテスト」作品展の開催のご案内です。

今回も力作がたくさん寄せられました!年々レベルが高くなっており、

とても見ごたえのある作品展になっております(^^)/

当コンテストは、喜多川歌麿の版木発見を機に始まりました。
そして、今回で19回を迎える事ができスタッフ一同心より感謝申し上げます。
今回は、約700点ものご応募があり、北は北海道、南は九州まで
全国から数多くの作品が寄せられました。
版画は、彫る・摺るなどの複数の工程があり、とても時間のかかる
手法であり、その想いと仕上がりの達成感は人一倍です。
この作品展では、各入賞作品をはじめ、
ご応募いただいたすべての作品を展示いたします!
応募者の年齢は5歳から84歳と年齢層も幅広く、
技法としては、木版画をはじめ約20種類もあり様々な技法を用いて、
はがきサイズいっぱいに描かれた感性豊かな作品の数々です。
ぜひ、この機会に作者の想いの詰まった作品をご覧ください。

第19回「版画絵はがきコンテスト」作品展

会期:2020年3月14日(土)~6月22日(月)

場所:風の博物館 企画展示室(1階)

お問合せ先:肱川風の博物館 0893-34-2181

また、当コンテストを開催するにあたり、審査委員長の加洲先生をはじめ
審査委員の皆さま、特別賞をご提供いただきました、大洲市、大洲市内の郵便局
山田きよ氏、竹中木版竹笹堂さま、ご応募いただきました皆さま
応募にあたり、児童や生徒の皆さんにご指導いただきました先生方には
この場をお借り致しまて、厚くお礼を申し上げます。

肱川風の博物館 スタッフ一同

風の博物館Award2019「Award大賞」結果のご紹介!!

 皆さん、こんにちは(^^)♪

早速ですが、昨年の12月22日まで展示しておりました、

ワークショップ作品展「風の博物館Award2019」の

「Award大賞」の結果をご報告&作品のご紹介をいたします!

*********************

今回の「Award大賞」に輝いた作品です!

入館の皆さまよりコメントのご紹介

・本当に水が流れているようで素敵

・紅葉と水の白が気持ちよいコントラストになっている

*********************

その他のご入賞された作品は、こちらの三人の作品です!

入館の皆さまよりコメントのご紹介

・幻想的な日本の美を感じる ・色のコントラストと霧の表現が気持ちいい

・色づかいやバランスが良くて綺麗 ・鮮やかな紅に目を魅かれるが全体から優しい印象を受ける

入館の皆さまよりコメントのご紹介

・観音様が御光に照らされ輝いている様が神秘的 ・色彩、バランスの構図が素晴らしい

・近くの葉がリアルで丁寧で素敵です ・お洒落な感じ、配色が良い

*********************

ご入賞されました、髙本さん、岩本さん、井石さん、大森さん

おめでとうございます!!