見る・学ぶ 動く・遊ぶ 宿泊

第1回「風の博物館 俳句会」選考の結果とお礼

令和元年8月募集の『狐釣之図』と当季雑詠におきまして、
投句いただき誠にありがとうございます。参加者による互選にて
入選句を決定しましたのでお知らせいたします。

******************** ********

『狐釣之図』

《特選》 浮世絵を抜け出てこぬか冷し酒  善吉
《秀逸》 月今宵狐釣れ釣れ三味を打て   板倉肱泉
《佳作》 釣り上げた狐の化けし三官女   和気わたる

『当季雑詠』

《特選》 夕立や足にからまる水の糸  大森清男
《秀逸》 身の丈を生きる喜び雲の峰  大下好子
《佳作》 火除け地の炎ゆる両国橋に人 天玲
     歌麿館色なき風の中にあり  善吉

******************** ********

上記の俳句は「風の博物館1Fロビー」にて展示しております。
お近くにお立ち寄りの際は、ぜひご覧ください。

******************** ********

ご入選されました皆様、誠におめでとうございます。
そして、投句いただきました皆様、誠にありがとうございました。