見る・学ぶ 動く・遊ぶ 宿泊

「崩し字解読講座」開催

皆さんこんにちは(^^)/スタッフのうたです!

早速ですが、延期になっていた崩し字解読講座の開催のお知らせです(^^)/

浮世絵に書かれた文字を読めるようになりたい方、必見です!

<参加者募集中>

< 講 師 >

大洲市立博物館学芸員 山田広志 氏

-ー------------------------

2022年 5月20日(金)

15:00~16:30(90min)

内容:くずし字について楽しく学び、解読にチャレンジ!

参加費:無料

定員:10名(先着順) ※最小催行人数2名

準備物:ノート、筆記用具

<開催場所> 肱川 風の博物館

-ー------------------------

くずし字とは?

くずし字とは、手で書いた楷書でない字のことで、主に歴史的な文書についていいます。

(主に江戸時代以前の日本で使われてきた、ミミズの這ったような文字のことです。)

その昔、漢字は今とは異なる異体字を崩した文字

ひらがなも、一つの音を複数のくずし字(変体仮名)が使われていました。

しかし、明治時代以降において文字を崩して書かない「楷書」(かいしょ)が

一般的な書体となったため、学校教育でくずし字を教えることがなくなりました。

それ故に、現在日本でくずし字を読みこなせる人の数は

人口の0.01%程度(数千人程度)しか居ないと言われているそうです。

そんなロマン溢れるくずし字を、一度学んでみませんか?

-ー-----------------------

<ご予約・お問い合わせ先>

肱川風の博物館 0893-34-2181
※ご予約は電話またはFacebookのメッセージ にてお願いいたします。

-ー-----------------------

【ご来館予定の皆様へ】

※ご利用の際は、こちらのページの新型コロナウイルス感染症

拡大防止対策にご協力をお願いいたします。